ロコポスト通信

お手紙・手作り大好きな、ねむりねこみけ&TAKAのユニット『ロコポスト』です。
2017年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2017年03月
TOP郵便 ≫ 国分寺の風景印その2(なぞが解けました)

国分寺の風景印その2(なぞが解けました)

みけです。

国分寺の風景印の続きです。

お鷹の道を通り、おたカフェで買い物して史跡資料館を見学したあと、万葉植物園に行きました。

こちらは武蔵国分寺の境内に前住職が万葉集に詠まれた植物を集めた植物園です。

国分寺が建てられた頃と同じころに作られた万葉集を通じてその時代の文化や思想を理解しやすいようにと武蔵国分寺の境内に作られたそうです。

こちらには植物のとこに立札があり、植物の名前と詠まれた歌が書いてあります。

こちらですぐ目に入ってきたのは「あさがほ」の立札です。

前から国分寺内藤郵便局の風景印をみて疑問に思っていたことがあったのです。

20160615222612ae4.jpg


風景印の「あさがお」と書いてあるところの絵が桔梗にみえるんですよ。 

前から間違ったのかしら?って思っていたのですよ。

「あさがを」の立札をみて疑問が解けました。

20160615222612788.jpg

「あさがほ 和名ききょう 」と書かれていました。

万葉集で詠まれた「あさがほ」は桔梗のことだったようです。

おとなりの「かたかご」はかたくりのことだったようです。

20160615222612c24.jpg

たしかにカタクリの絵ですよね。

これでとてもスッキリしました(笑)

国分寺内藤郵便局は住宅街にあり見つけるの大変かもしれません。
スポンサーサイト


にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL